読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「沈黙のWebマーケティング」からの学びまとめ

マーケティング 読書

本の内容を咀嚼するために

文字に起こす事で整理をする習慣を始めてみます。

今回は、この週末に読んだ「沈黙のWebマーケティング」。

自分が感じたところによる、意訳。

 

この本との出会い

  • 会社で取り扱っている商品のマーケティング手法を検討する末、コンテンツマーケティングという領域を知り、その習熟を図ることに。
  • 直近の目標としては、最も効率的で方向性の正しいコンテンツマーケティングを実施することを設定。
  • コンテンツマーケティングをキーワードにAmazonで検索かけた結果、レビュー評価が高く、基礎的で、かつ根源的な内容を取り扱っている印象のクチコミの多い、本書を選択。

 

カテゴリ毎の気付きのメモ

コンテンツ選定の基礎
  • 目的に沿ったコンテンツや表現選択が根幹。
  • デザインの基本は、言葉。推敲。誠意。
  • 写真やグラフは言葉を補助するのに効果的に使うべきもの。
  • 言葉は体験や想いを紡いだ、素直なもので十分。上手でなくて良い。
  • デザインとアートは混同してはならない。
  • - かっこいいものでなく、お客様が本当に求めているものを伝えることを第一に。
  • - 安心してもらえることの重要性。不安や疑問を払拭することの重要性。
  • - 購買行動を決定する前の、各疑問への答えを用意する。
  • - 洒落っ気やアート性は、ぬくもり/安心感との乖離を生みやすい。
  • コンテンツは論理的なだけではだめ。感情に訴えることも重要。

 

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティング向けのコンテンツ選びの基本
  • ポジティブな感情を刺激する。
  • 誰かを不快・不幸にしない内容であること。
  • 社会的認知度 x 社会的関心度 = テーマ選定の重要性。
  • good : interesting, bad : funny
  • 自己顕示欲を満たす or 所属と愛の欲求を満たす(本書P.305)
  • 自己顕示欲 - 質の高さ / 自身が主役に
  • 所属と愛の欲求 - 巻き込み型。共感型。突込み型。
  • メジャー感の重要性。一流なものに触れたいし、伝えたい。
  • メジャー感は様々な要素や、その話者(社会的認知度)でも表現できる。
  • 漫画はメジャー感の宝庫。既視感。
  • メジャー感はオワコン感と紙一重。トレンドへの意識も肝心。

 

露出起点
  • FacebookよりもTwitterを優先して管理。匿名性が拡散とマッチ。
  • はてブとの相性も踏まえるとTwitterにより軍配があがる。
  • 絡んで良い雰囲気を作る。2アカウントで日々会話するなど。
  • follow相手の選定基準
  • - よくつぶやいている。特に最近。
  • - 他者とコミニュケーションを積極的にとっている。
  • - 他者のコンテンツのシェアにも積極的。
  • 自分から相手に絡む "@"
  • エゴな投稿の比率は3 ~ 4割。その他は、他者とのコミニュケーション。
  • 返報性の原理
  • - 他のユーザの露出・拡散を手伝う。
  • - 役立つ良質なコンテンツを投稿する。
  • 人に好かれる6原則(by カーネギー
  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔で接する
  3. 名前は当人にとって最良の言葉
  4. 聞き手に回る
  5. 相手の関心を見抜いて話題にする
  6. 重要度を与える。誠意を込めて

 

発展

  • Webデザインにおいても車輪の再発明とならないよう、アンテナを高く保つ。
  • 言葉で小説のように好奇心を膨らまさせ、その期待と不安を写真などで綺麗に落ち着ける。
  • セールスレターの心得7ヶ条(本書p.146)
  • SWOT分析からの、弱みを裏返しての強み形成。 
  • 沈黙!成功体験のシェアは、ねたみを生みやすい。気をつけないと得がない。

 

あとがき

  • あとから知ったものの、web上でほぼ同内容が読めるなら、web上ので良かった感ありつつ、得たものは沢山あったので、対価として納得して売上に貢献させていただきます。
  • コンテンツマーケティングに関しての初の体系的な情報。日本の習慣も踏まえた実践的な内容で、表現としても分かりやすく、基礎、かつ、根源的な内容の理解が捗りました。
  • 自分への宿題として、「人を動かす」を改めて読み直す。
  • 「粋」って何だろうとよく考えては、あまりしっくりくる結論が出ずにいたものの、やっとたどり着いた気がする。「粋」とは、クールで洒落ていつつ、そこに温かみや人間味が伴っているものだと思う。

 

登場キーワード

  • SEO(Search Engine Optimization)
  • Googleウェブマスターツール
  • - Fetch as Google(インデックス生成の実行指示)
  • - リサーチ・オブ・ザ・リンク(リンク元検索)
  • - 否認リンク登録(評価を下げるようなリンクの拒否指定)
  • - サーチクオリティチーム
  • - 自動ペナルティと手動ペナルティ(後者は改善を通知しないと解除されない)
  • siteコマンド(site:URLで、そのURLに関連してインデックスされてるページのリストを取得できる@Google検索)
  • ペイドリンク(Paid Links)
  • ネガティブSEO(あえて競争相手の悪質リンクを増やし、ランクを落とす行為)
  • Internet Archive: Wayback Machine(特定URLのデザインの変遷を参照可能)
  • ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)
  • バイラルコンテンツ
  • Social Analytics(Chrome拡張機能Twitter, Facebookでのシェア状況の把握)
  • Yahoo!リアルタイム検索
  • はてなブックマーク
  • 人事ったー
  • Bing IP検索
  • アクセスアラーム

 

参考・関連資料