英語でのメールサンプル - 引越し屋への荷物追加と配達日程調整依頼編

オンラインで引越し屋に見積もり依頼を出し、
送付されてきた見積もりについてチェックしたのちに、追加で調整依頼を書けた際のメールです。


Hi,
// やあ
I got a estimate(Job: 見積もりID) today and noticed that 200 cubic feet is minimum service unit.
// 今日見積もりをもらったんだけど、200平方フィートが最小単位なんですね。
My moving luggage seems to be about 30 cubic feet.
// 自分の引越し荷物は30平方フィートほどなんだけど
So, is it possible to add some luggage for same service fee unless the total amount over 200 cubic feet?
// 200平方フィートを超えない限りは、同じ料金内で荷物の追加をしても大丈夫?

And, I’d like to ask you about the delivery date.
// あと、配達日についても聞きたいことがあります
As I already wrote in the previous mail, I will have to move-in only on July 31st.
// 前のメールにも書いたけど、7/31に入居しないといけないんだ。
And I am going to be out of the town from August 1st to August 7th.
// かつ、8/1から8/7までは街の外に出てしまう予定なんだけど
Could you deliver our luggage on July 31st?
// 我々の荷物を7/31に届けてもらえませんか?
The only time I can receive the luggage is July 31st or after August 7th.
// 荷物を受け取れるのは、7/31か8/7以降のどちらかなのです。

I’ll update my item list, so could you give me a new estimate including that?
// あと、荷物リストを更新しておいたので、改めて見積もりをお願いします。


ちなみに、傘は梱包が雑だったのもあり壊されましたが、カリフォルニアからニューヨークへの引越しには、
CA - NY Express がオススメです。上記の200平方フィートで10万円から。
やりとりもメールやオンラインで基本的にはできるので楽チンで確実。
配達員はアメリカンクオリティだけど、期待はしてないのでOK。

ではでは。