cocos2d-iosをさわってみた

かなり久しぶりですが、また開発メモを書き始めようかと思います。

最近、というか、ここ半年はまったくもって仕事での開発でお腹いっぱい状態でした。

というのもいい訳ですね。

 

さて、今回のメモは、乗り遅れた感バリバリのcocos2dについて。

結論からお伝えすると、導入簡単で、テストコードもたくさんあるので、

大体のゲーム制作において(その名の通り2Dですが)手軽に活躍してくれそうな印象でした。まぁ、知ってるって?

 

いま会社で運用してるアプリの演出も置き換えられそうだったけど、

インタラクティブな操作があまり必要ない場合は、それこそFlash的なもので事足りるのかなという。

個人的には、タクティクス系ゲームのマップのサンプルもあってワクワクしました。

 

 

ダウンロードとテスト実行はこちらを参考にしましたが、

「cocos2d」を使ってiPhoneゲームを作ってみよう(1/3) - @IT

2点資料が古い点があって、1点目、テスト用コードを含むprojectは、

cocos2d-ios.xcodeproj ではなく、cocos2d-tests-ios.xcodeproj だということ。

2点目、templateのinstallスクリプト(install-templates.sh) は

root実行を受け付けていないので、通常ユーザで実行するということ。

 

こういうものもあるらしいから、また折りをみて触ってみます。

cocos2d-html5エンジンが凄い件 - tsuge development page